ベースの始め方

ベース ライフスタイル 趣味

【ベースの始め方】知っておくべき最低限の知識・機材の紹介

2019年5月15日

ひで
ベースを始めたいけど何から手を付ければ良いの?

こんな疑問にお答えします。

今回はベースを始める上での知っておくべき最低限の知識に加えて演奏方法や絶対に必要な機材にフォーカスを当ててご紹介していきたいと思います

分かりやすく丁寧に解説していきますので

何度も読み直したりして理解を深めていければ良いなと思います

ひで
ようこそ!ベースの世界へ!

ベースの始め方①│機材を購入する

とりあえず、機材を買いましょう。

予算はだいたい2万円ほどが相場になっています。

ベースの値段はピンキリなのでここでは詳しく説明はしませんがこれからベースを始めたい!という方にうれしいセット用品が格安で手に入ることができます

ベースを始めるときにうれしい初心者セットがこちら

▼ジャズベース▼

▼プレシジョンベース▼

ひで
初心者セットはどちらかでOKです。

▼ジャズベースとプレシジョンベースの違いはこちらを参考ください▼

初心者セットの付属品

  1. ベース
  2. ヘッドホンアンプ(音を鳴らす物) ※補足説明有
  3. ヘッドホン
  4. シールド(エフェクターやアンプなどに繋げるケーブル)
  5. ソフトケース(持運び用)
  6. ストラップ(立って弾けるようにする物)
  7. ピック2枚
  8. ピックケース
  9. チューナー
  10. 教則DVD
  11. スタンド

ひで
一通り全部そろっていますよ

別のメーカーでPhotoGenic(フォトジェニック)というのがありますがこれはおすすめしません。

ベースの作りが酷いのですぐに故障したり不具合(ノイズなど)がでます。

初心者セットの特徴は以下の通りです

初心者セットの特徴はこちら

  1. 安くて必要な機材が全部揃う
  2. ヘッドホンを使って音を聞くので近所迷惑にならない。
  3. スマホから好きな曲を流しつつ練習ができるようになる ※このあと詳しく説明します
  4. 教則DVDがついてくる

比較的に安くてすぐに手に入る価格帯ではありますので最初に始めるならやっぱり初心者セットはおすすめです

今後、ベースの知識が増え、新しいものが欲しくなったら追加購入していけばよいと思います

▼ジャズベース▼

▼プレシジョンベース▼

ベースの始め方②│演奏方法を知る

最低限の知識としてベースには演奏方法が大きく分けて3つあります。

簡単に見ていきますのでサクっと読み進めてください。

実際にわたしが弾いているものを題材にして紹介していきます

演奏方法の種類

  • 指弾き
  • ピック弾き
  • スラップ弾き

注意

▼すべて大きい音がでます▼

指弾き

見ての通りですが、弦を指で弾いて演奏するやり方です。

一番スタンダートな演奏方法なので最初に挑戦する価値は大いにありですよ

ピック弾き

こちらはギターと同じようにピックを使った演奏方法です

指では追い付かないようなテンポがはやい曲などで使ったりします。

パンクやメタル系はとくにこのピック弾きが多いですよね。

スラップ弾き

こちらはベースの花形ともいえる演奏方法です。

親指とひと指し指を使った派手な演奏ができます

難易度は高めなので最初は指弾きかピック弾きから練習すると良いです

練習していけば必ずこういった演奏もできるようになりますのでご安心を。

ベースの始め方③│実際に音を鳴らしてみる

機材も揃い音を鳴らす環境をそろえることができましたら初心者セットに入っているヘッドホンアンプ(以下 VOX amPlug2)を使って音を出してみましょう。

VOX amPlug2はヘッドホンやイヤホンを使ってベースの音を鳴らす為、騒音対策にもなるのがうれしいポイント。

ヘッドホンやイヤホンを通して音量も結構出せるので爆音で演奏できます

簡単な結線方法以下の通りです

step
1
ベースにVOX amPlug2を結線する

Vox amplug2 ベースと結線

step
2
VOX amPlug2にヘッドホンやイヤホンを結線

Vox amplug2 ヘッドホン、イヤホン装着

step
4
電源をONにする

Vox amplug2 電源ON

step
ボリュームを上げて音が出るのを確認

Vox amplug2 ボリューム Tone

ひで
左から1番目の【VOLUME】でベースのボリュームを調整できます

詳しい使い方はこちらを参考ください▼

Vox amplug2 bassの使い方
【Vox amplug2 bassの使い方】画像付きで丁寧に解説!

続きを見る

曲のコピーをしてみる

やっぱり曲をコピーしたいですよね。

VOX amPlug2はスマートフォンに入ってる音源を鳴らすことができる優れ物

好きな曲を流しながら自分のベースの音が聞ける環境を作ることができます。

一番左にある【AUX】と書かれているところにステレオミニジャックを結線します

Vox amplug2 ボリューム Tone

▼ステレオミニジャック▼

AUX用のステレオ端子

iPhoneだとライトニングケーブルに変換する必要がありますので適宜変換してください。

ライトニングケーブル

ヘッドホン(イヤホン含)とAUXにステレオミニジャックを結線するとこのようになります

Vox amplug2 結線時

あとは持っているスマートフォンを結線し、ベースにVOX amPlug2をつないで音を鳴らしてみましょう。

音源の音量はスマートフォンから行えばOKです。

やってみると簡単なので5分もあれば結線から音出しまで行えます

使っているケーブルと変換アダプタ▼

created by Rinker
Apple(アップル)
¥1,061 (2019/12/11 13:54:16時点 Amazon調べ-詳細)

単品でVOX amPlug 2を購入したい方はこちら▼

ベースを始める前に知っておきたい心構え

最後にベースを始める前にしっておきたい心構えについてまとめていきます

心構え

  • 上達には少なからず時間がかかる
  • ある程度のお金はかかる

上達には少なからず時間がかかります

練習時間にもよりますが、始めたては慣れるのに時間がかかります

少なからず半年~1年くらいは自分の思うように弾けないと思います

だいたいこの期間くらいで自分が想像していたものとのギャップが起き挫折します

楽器は思っている以上に難しいのでコツコツあきらめずに時間をかけて練習していくしか方法はありません

遠回りのようで近道なので一緒に頑張っていきましょう!

お金のかかる趣味かもしれない

ベースに限らないお話ではありますが、結構お金がかかります

メンテナンス(弦の交換など)費用や新しい機材(ベースやエフェクター)の費用

バンドを組んだ時に発生するスタジオ費用やライブ出演料

楽しいこともたくさんありますがそこにはやはりお金が絡んできます

学生であれば、バイトをするなりしてお金を捻出したほうが良いかもしれませんね

最初は初心者セットでも全然問題はありません。

継続して練習することのほうが大切ですよ。

【ハマリだすとお金がかかる】ということだけ覚えておきましょう

ベースの始め方についてのまとめ

ベースの始め方についてご紹介しました!

初心者セットは2万円以下で購入できるので比較的に始めやすい価格になっているのではないでしょうか

付属品も非常に充実しているため初心者セットがあれば最初は問題ないです。

徐々に上達していくことで知識も増え、欲しいものがどんどん出てくると思います。

買うタイミングはその時で問題無しです。いきなり大金だすより精神的にも優しいです

これからベースを始めたい!という方はぜひ参考にしていただければと思います

それではこのへんで!

おすすめ
daw_ica
ベース初心者の練習方法│短期間で上達させるための裏ワザを紹介!

続きを見る

おすすめ
【WaveToneの使い方】自動採譜できる無料の耳コピ支援ツールを徹底解説!

続きを見る

おすすめ
弾いていた動画の作り方
【弾いてみた動画の作り方】録音から撮影までの全工程を分かりやすく解説!

続きを見る

ベースを始めるときにうれしい初心者セットがこちら

▼ジャズベース▼

▼プレシジョンベース▼

使っているケーブルと変換アダプタ▼

created by Rinker
Apple(アップル)
¥1,061 (2019/12/11 13:54:16時点 Amazon調べ-詳細)

単品でVOX amPlug 2を購入したい方はこちら▼

この記事も読まれています

  • この記事を書いた人

ひで

ブロガー×フォトグラファー 残業ゼロの会社で働いているやればできる複業ブロガー 石川県の魅力をどどんとお届け!

-ベース, ライフスタイル, 趣味

Copyright© きまっし!いしかわ , 2019 All Rights Reserved.