ライフスタイル 趣味

【GRAPH GEAR NEO DGB-P01BK レビュー】カメラバックの他にも旅行にも使える大容量バッグパック!

ひで
当記事はELECOMから出ているバックパック【GRAPH GEAR NEO DGB-P01BK】のレビュー記事です

どうも、カメラや旅行が好きな、ひで(@hidecom16)です。

カメラのサイズが大きくなり、さらにレンズが増え、新しく大容量のバックパックを購入を検討しており今回購入したのがこちらのバックパック

GRAPH GEAR NEO DGB-P01BK

PC関連の製品を多く取り扱っているので有名なELECOMから出されているバックパックです

大容量ながらも多くの収納スペースが用意されており、カメラユーザーはもちろん、旅行にも安心して使えるバックパックに仕上がっています

というわけで!本記事は「【GRAPH GEAR NEO DGB-P01BK レビュー】カメラバックの他にも旅行にも使える大容量バッグパック!」についてたっぷりご紹介していきたいと思います!

ひで
ボリューム満点なのでゆっくり読んでくださいね

※登場する画像の色がやや違いますが、実際はブラックなのでご安心ください

GRAPH GEAR NEO DGB-P01BKのスペック

graph_gear_neo

ひで
スペックを紹介していくよ~

気になるスペック

外寸幅350mm×奥行230mm×高さ500mm
参考収容寸法
  • バッグ本体内寸 :幅290mm×奥行165mm×高さ465mm
  • カメラ収納部内寸:幅290mm×奥行165mm×高さ310mm
  • PC収納部内寸    :幅300mm×奥行30mm×高さ450mm
  • 上部収納部内寸 :幅280mm×奥行165mm×高さ140mm
ポケット数
  1. 上部収納スペース(内側:メッシュポケット×3)
  2. カメラ収納スペース(内側:メッシュポケット×4)
  3. PC収納スペース×1
  4. 前面ポケット×1
  5. 側面ポケット×2
  6. 背面ポケット×2
  7. 底面ポケット×1
  8. ヒップベルト部ポケット×1
  9. ショルダー部ポケット×1
カラーブラック
材質
  • 表面:600ポリエステル(撥水加工)、キャンバス(表面PUコーティング、撥水加工)
  • 裏面:210ポリエステル
重量約2300g
付属品
  • 仕切板×13
  • 落下防止板×7
  • レインカバー×1

ポケットの数がとても多くあるというのが印象的ではないでしょうか!

他にも収納スペースがたくさんあり、その中にはノートパソコンを入れる収納スペースもございます。

ひで
のちほど詳しくご紹介していきますね

外観

graph_gear_neo 外見

色はブラックになっており、カッコイイ見た目になっています

どちらかというとアウトドアでシンプルな見た目なので男性に人気がありそうです。

サイドには飲み物を入れるケース

graph_gear_neo サイドケース

ひで
サイドケースは左右両方にありますよ

上部には収納スペースが3つありパソコンと小物系も入れることが出来ます

graph_gear_neo 上部3ケース

メインのカメラを収納するスペースは広めにとってあるので大き目のレンズにも対応していますね

graph_gear_neo メインケース中身

付属の仕切り版を使って分けることも可能です。

graph_gear_neo 付属の仕切り版

仕切り版は付属でたくさん入っているので足りなくなるというのは無いと思います

三脚は足を入れるポケットに合わせてベルトで固定できるようになっています

graph_gear_neo 三脚固定

背中の負担を軽減するために背面クッションもしっかり作りこまれているため、フィット感が心地よいです

graph_gear_neo 背中のクッション

腰と胸あたりにあるベルトを使うことで、カラダによりフィットさせることができるので重さの分散ができて軽く感じますよ

graph_gear_neo 腰、胸ベルト

GRAPH GEAR NEO DGB-P01BKの良い点

ひで
使ってみて良かったことをまとめていくよ~

ポケットや収納スペースが多い

先ほども少し触れましたが、なんといっても収納スペースが多いのが嬉しいですよね。

上部に3つ、メイン、サイド、細かな小さいポケット。いたるところに収納スペースがあるので多くのものを収納できます

graph_gear_neo メインサイドポケット

graph_gear_neo メインポケット上

graph_gear_neo 小物入れ

ノートパソコンを収納するポケットは2層になっているのでノートパソコン以外にも収納は可能

graph_gear_neo PC入れ

腰のポケットは両サイドにあります

graph_gear_neo 腰ポケット

胸元付近にも一つだけポケットがあります

graph_gear_neo ショルダーの付近

カバンの底に1個ポケットがあります。 こちらは付属のレインカバーを入れています

graph_gear_neo 底のポケット

graph_gear_neo レインカバー

背面横にも左右ポケットがあります

graph_gear_neo 背面横

ひで
とにかく収納ポケットが豊富で凄いよね!

機能性も十分配慮しており、サイドからチャックを開けることが出来るので立ったままカメラの機材の出し入れができるのも嬉しいポイントですね

大容量

収納スペースが多いことでたくさんの物が入るのが嬉しいですよね

また、この収納スペースも比較的に容量が大きくて、中にはネットが入っていたりして小分けに収納できるようになっているのがとても助かりますよね

graph_gear_neo 小物入れ2

graph_gear_neo 収納ポケットサイド

メインのカメラを収納するスペースには仕切り版を使って小分けにすることもできます。

仕切り版はマジックテープが使われており止め外しも容易に行うことが出来るので用途に合わせて自由自在です

ひで
カメラ機材関係はこまごまとした機材が多かったりするのでこれは嬉しいです

身体へのフィット感が良いので重く感じにくい

graph_gear_neo 身体にフィット

カメラ本体とレンズ、その他いろんなものを入れていくと当然重くなってきます。

いかにしてバックパックを身体にフィットさせるかが重要になってくるところですが

GRAPH GEAR NEO DGB-P01BK】では腰と胸の部分にベルトがあり、これを使うことでさらに身体にフィットさせてくれます

もちろん、背面のクッションが身体に密着しているのでベルトなしでも軽く感じるのが嬉しいです

締めすぎるとお腹周りが痛くなるのでほどほどに調整してください。

セキュリティが高い

graph_gear_neo セキュリティ

鍵掛け対応ファスナーがついているのもあり、海外へ行く人や、人混みが多い環境にいる方には嬉しいですよね

盗難防止の南京錠などをかけることができます。(付属はしていないので注意が必要です)

上部2か所

graph_gear_neo 上部2か所のセキュリティフック

ノートパソコンの収納スペースに鍵が取り付けられようなファスナーがついています

graph_gear_neo 上部2か所のセキュリティフック ノートパソコン

GRAPH GEAR NEO DGB-P01BKの悪い点

ひで
使ってみてこれは微妙だなと思ったところもピックアップしていきます

重い

graph_gear_neo 重い

バックパックに何も入れていない状況でも約2.3キロあるのでシンプルに重たいです。

機材をガシガシ入れて手で持つとかなり重たくなります。

作りもしっかりしているので重くなるのは承知の上ですが使ってみるとやっぱり重いです(苦笑)

三脚を固定するとメインスペースの出し入れがやや面倒

graph_gear_neo 三脚固定

ご覧の通り、三脚を固定することで正面からアクセスできなくなってしまうため、サイド側から取り出す。というような感じになってしまいます。

収納する際に三脚を考慮しつつ、サイド側にレンズを入れたりしないと後々めんどくさいことになるので注意が必要ですね

もしくは三脚をサイドポケットに差し込むかになります。

その際にサイドポケットが三脚で邪魔になります

出し入れする際には反対側によく使うレンズ等を入れてください

graph_gear_neo サイドポケットに三脚

バスに乗る際に足元に入らない時がある

地味に痛かったのが、バスに乗った際に足元に入りきらない問題が発生したことですね。

バスの足元スペースがせまいと自分の足を置くスペースがかなり狭くなるので小さめのサブバックも用意したほうが安心。

自分はサブのショルダーバックをサイドポケットに仕込んでおりいつでも切り替えれるようにしています

graph_gear_neo サブのショルダーバック

created by Rinker
Dickies(ディッキーズ)
¥2,750 (2020/01/10 01:15:12時点 Amazon調べ-詳細)

キャリーケースと同じようにバスの下にある荷物置きに入れておくのが良いかなと思いました。

バックパック本体がでかいので上の棚には入りきらなかったです(苦笑)

GRAPH GEAR NEO DGB-P01BKを実際に使ってみた

graph_gear_neo カメラ機材

実際にわたしが持ちあわせている機材が上記の通りです

カメラ本体2個、レンズ3本、三脚、その他

比較的に少なめではあるのでスペースには大いに余裕がある状況ですね

使っていても特に不自由なく、レンズもサイドのファスナーからアクセスできるようにしています

graph_gear_neo メインポケットに機材を入れた

また、防水なのもとてもうれしく、撥水加工がしっかりされているのでしみ込みにくくなっています。

長時間、雨や雪にされされていると流石にしみ込んできますが、多少の雨や雪にはへっちゃらですよ

サラサラとした質感もかっこよくて気に入っています

雨や雪が酷いときは付属のレインカバーをつけて防水対策をしてくださいね

graph_gear_neo 防水カバー

GRAPH GEAR NEO DGB-P01BKを旅行で使ってみた

graph_gear_neo 旅行の荷物

大容量でここまで機能性があるなら旅行にも使えるのでは?と思い、1泊2日で12月に草津温泉へ。

メインスペースには基本的に衣類関係を入れていくのですが

夏とは違って冬物は衣類がゴワゴワしてかさばりガチになるので1泊分が限界かな~と思ったり。

graph_gear_neo 衣類関係をメインポケットへ

下着と翌日の服をメインスペースに収納し、カメラ1台(レンズ付)を収納しました。

衣類の薄さにもよりますが、夏だと2泊分は余裕で入ると思いますよ。

スペースに限りがあるので自分のスタイルにあったやり方で旅行に使ってください。

上部の小さめのポケットには小物系をまとめて入れれるポーチを1個突っ込んであります

graph_gear_neo ポーチ入れ

中身はモバイルバッテリー、ケーブル、充電器、その他。

そのまま入れてしまうとゴチャゴチャするのでポーチを買うのがオススメです。

created by Rinker
エレコム
¥1,272 (2020/01/10 03:39:10時点 Amazon調べ-詳細)

下着などの小さめの衣類は上部の大き目のポケットに入れるのでも良いと思います

私の場合は、長時間移動の際に使う便利グッズを入れました。綺麗にすっぽり入っています。

graph_gear_neo 便利グッズ入れ

詳細
夜行バスの便利グッズ紹介
夜行バスの快適グッズ6選!│コスパ最高のおすすめ商品を紹介!

続きを見る

ノートパソコンの収納スペースには入りきらなかった、延長ケーブルやお土産を入れたりしていました。

graph_gear_neo PC入れ

こうしてみると1つのカバンに十分すぎるほど収納できるので旅行にも十分使えるポテンシャルはあると思います!

GRAPH GEAR NEO DGB-P01BKの口コミ・評判

ひで
YoutubeとSNSから出ている口コミ・評判をピックアップして紹介していきます

Youtubeの場合

SNSの場合

GRAPH GEAR NEO DGB-P01BK レビュー まとめ

カメラバックとしてはもちろん旅行にも十分に使えるバックパック【GRAPH GEAR NEO DGB-P01BK】をご紹介しました!

収納スペースが多くあることで大容量でかつ、色々な用途で利用できるのが嬉しいポイント

コスパもよくAmazonで現在1万円ほどで購入できるので、初めてのバックパックでも十分に満足できる商品です!

身体へのフィット感も心地よいので重さもかなり軽減されている印象があります。

見た目のデザインもかっこいいので長く使えると思います!

気になる方はぜひ手に取って使ってみてくださいね!

それではこのへんで!

created by Rinker
エレコム
¥1,272 (2020/01/10 03:39:10時点 Amazon調べ-詳細)
関連記事
夜行バスの便利グッズ紹介
夜行バスの快適グッズ6選!│コスパ最高のおすすめ商品を紹介!

続きを見る

この記事も読まれています

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ライフスタイル, 趣味

Copyright© きまっし!いしかわ , 2020 All Rights Reserved.