inoreader_rss

ライフスタイル

RSSリーダーのInoreaderの使い方から導入方法まで徹底解説!

投稿日:2018年8月16日 更新日:

どうも、こんにちわ!ひで(@hidecom16)と申します

ひで

inoreaderの使い方が分からない

こんな疑問にお答えします

RSSリーダーは情報収集の効率化を図る便利なものです

アプリとブラウザで一元管理できるのでいちいち検索をしなくても良いのがポイント。

更新も勝手に行ってくれるので本当に便利!

こんな方におすすめ

  • Twitterが情報源の人
  • イベント関係を見落としたくない人
  • 地域特化のブロガー
  • アプリやブラウザで情報サイトを一元管理したい人

Inoreaderとは

RSSリーダーといえばInoreaderもしくはFeedlyって言われるほど

人気なRSSリーダーです。

Inoreader - RSS&ニュースリーダー

Inoreader - RSS&ニュースリーダー

Innologica無料posted withアプリーチ

Feedlyも圧倒的人気のRSSリーダーですが日本語対応していなかったので

Inoreaderをフル活用しています。

基本的に無料で利用ができるのと、見た目もシンプルで使いやすいです。

こんな方におすすめ

  • 日本語対応
  • アプリ、ブラウザでも使える
  • TwitterもRSS登録できる
  • デザインが見やすい

最近SNSがすごい発達してきたのもあり

Twitterでも情報発信する人が増えてきましたよね。

ただ、Twitterとなると自分がフォローしている人がたくさんいた場合

その方のツイートが追いかけられなくなることがでてきます。

Twitter側でリスト化しても問題ないのですが

情報サイトはリスト化できませんよね。

ツイートと情報サイトの更新。

この2つを1つのアプリ、ブラウザで管理することが出来るので

情報を効率よく拾えるようになります!

オススメなのでぜひ使ってみてください!

それでは、実際に運用できるまでの手順をご説明します!

Inoreader インストールの方法

メールアドレスさえあれば導入は簡単なので

さっそく登録のほうをしていきましょう

パソコンを使って登録していきますよ!

アカウント登録

それではまずアカウント登録のほうをしていきましょう!

無料です。

inoreaderのダウンロードはこちら

ホームページにアクセスしたら

【フリーのアカウントを作成】をクリック

フリーアカウントの作成

メールアドレスとパスワードを入力してアカウント作成しましょう!

FacebookやGoogleでもサインインできるみたいです。

お好きなほうを選択して下さい!

僕はメールアドレスとパスワードを入力して登録しました。

登録が済みましたら次は登録していく方法について解説していきます

Inoreaderの使い方

登録が完了したら、効率よく情報収集ができるように

ホームページやツイッターアカウントをRSS化して

Inoreaderに登録するまでの手順を詳しく説明していきます!

ひで
画像をつけてわかりやすく説明していくよ!

各項目

  • 気になる情報サイトの登録方法
  • TwitterをRSS化する方法
  • 登録したサイトを階層分けして見やすく管理する方法
  • レイアウトの変更方法
  • 表示形式の変更方法

気になる情報サイトの登録方法

ひで

パソコンを使って登録する方法を解説しているよ!

スマホではないので注意!

ここでは例として大手情報サイトの【GIGAZINE】を登録します。

まずはホームページへアクセスしてください

Gigazineこちら

こちらのような画面になるので【ATOM】の下にあるURLをクリック。

RSSのURL

URLをコピーしてください。

URLをコピーする指示

Inoreaderに戻り

左上のほうに検索ボックスがあるので

先ほどコピーしたURLを貼り付けします

【フィードを追加】という項目が出てきますのでクリックします

クリックすることで左の【購読アイテム】のすぐ下に登録されたことが確認できますね!

rss_登録画面

登録方法は以上になります!

ホームページが更新されるとinoreader上でも更新され情報収集することが出来ます

ひで

気になるサイトを登録していけば一括管理できるね

RSS対応のサイトであればRSSのアイコンをクリックしてURLを登録すればOKです

TwitterをRSS化する方法

次にツイートをRSS化する手順をご説明します。

まずはホームページにアクセス

TwitterのRSS化はこちら

RSSに登録したい【TwitterのID】を入力してください

入力ができたら【Fetch RSS】をクリック

URLのほうを全てコピーしてください。

inoreaderツイッターURLコピー

Inoreaderに戻って検索欄に先ほどコピーしたURLを貼付し

【フィードを追加をクリック】

追加したフィードの名前が分かりにくいので管理しやすいように名前を変える作業をします

追加したフィードを【右クリック】【購読アイテムの名前を変更】をクリック

あとは好きな風に名前を変更して保存するとフィード名が変わります!

名前の変更が完了!

登録したサイトを階層分けして見やすく管理する方法

たくさんのフィードを登録した場合

管理するときに見づらくなるのでジャンルごとに階層で分けると

さらに管理しやすくなります。

それでは作り方を説明します。

【購読アイテム】にマウスを宛てると歯車が出てきますので

【歯車】をクリックして【フォルダーの追加】をクリックしてください。

任意にフォルダーの名前を作り

フォルダー内に入れたいフィード(購読アイテム)を選択してください。

選択が終わったら【保存】をクリック

すると【ブロガー】というフォルダが作成されて

フィードに追加したものがフォルダ内に入っていますね!

これで階層分けは完了です!

フォルダーを追加したら

ドラッグ&ドロップでフィード(購読アイテム)も簡単に移動できるので

便利ですよ~!

※クリックすると動画が流れます。

レイアウトの変更方法

レイアウトは3通りあります。

左したのほうにこのようなマークがあるので

クリックで切り替えをするとレイアウトが変更されます。

黒のレイアウトが一番見やすくて好きですね。

表示形式の変更方法

表示形式は5通りあります

表示形式

  • リストビュー
  • 展開ビュー
  • カラムビュー
  • カードビュー
  • マガジンビュー

スマホアプリだとリストビュー、カードビュー、マガジンビューの3つです。

動画の順番は上の番号と同じ。

スマホも同様に目のマークをタップしていただくと

表示形式を変更できますのでぜひお試しを!

Inoreaderのアプリ版をダウンロード

パソコンで設定が完了したらアプリをダウンロードしましょう!

Inoreader - RSS&ニュースリーダー

Inoreader - RSS&ニュースリーダー

Innologica無料posted withアプリーチ

アプリをインストールできたら

パソコンで登録したIDで実際にログインしてみましょう!

ひで

ここからはスマホでの操作だよ~!

アプリを起動して【サインイン】をタップ

先ほどパソコン側で登録したアドレスとパスワードを入力

GoogleまたはFacebookの場合は各アイコンをタッチしてサインインしてくださいね。

ログインが出来たらデータが反映されているか確認しましょう!

登録したものが登録されていればOKです!

レイアウトの変更については2通りあります

下のほうをスクロールすると

下のようなレイアウトを変更できるボタンがあるので

タップすると簡単にレイアウトが変わります。

ひで
わたしはいつも【Night Mode】にしています。

次に表示形式の設定を説明しておきます。

登録したもの1個1個に表示形式を設定できるので

見やすいものをチョイスすると良いですよ。

登録したものをタップして

目のマークをタップしてください

【View】一覧から

  1. リストビュー
  2. マガジンビュー
  3. カードビュー

の3つを選択することができますので

見やすいものを選択しましょう!

情報サイトから正式なRSS配信しているものならサムネがきちんと表示されますが

Twitterだと、写真が入っているツイートに関してはサムネイルが挿入されます。

まとめ

Inoreaderを使えば情報の見落としが激減すること間違い無しです。

僕は地元金沢のイベント情報や新店舗について情報を追っています。

他にも使い方は人それぞれだと思いますので

自分に合った使い方を見つけてもらえればと思います!

それでは今日はこのへんで!

Inoreader - RSS&ニュースリーダー

Inoreader - RSS&ニュースリーダー

Innologica無料posted withアプリーチ

Sponsored Link
Sponsored Link
  • この記事を書いた人

ひで

ブロガー×フォトグラファー 残業ゼロの会社で働いているやればできる複業ブロガー 石川県の魅力をどどんとお届け!

-ライフスタイル

Copyright© きまっし!いしかわ , 2019 All Rights Reserved.